Slider

赤く染まる夕日の中、静かな小径を曲がると
江戸のにおいを感じる仁尾の街並みにとけこみ、縁を紡ぐ-。

三方を山に、一方を瀬戸内海に囲まれた天然の良港で、
かつては海運の拠点、そして城下町として栄えていた三豊市仁尾町。
今もなおその雰囲気を伝える古い街並みが残っています。

「仁尾縁(におよすが)」は仁尾で営む建築会社である菅組が街並みや文化、自然を保存しつつ、
仁尾を訪れる方々と仁尾の縁を紡いでいきたいという想いでスタートいたしました。
町全体を一つの宿として捉え、歴史、文化、風土、人をつなぐ。
宿泊体験を通じて新しい地域のあり方を考えるプロジェクトです。

仁尾縁について

お知らせ